『本屋失格-双子のライオン堂の日々』

双子のライオン堂における日常を綴ります。 http://liondo.jp/

双子のライオン堂から文芸誌発刊についてのお知らせ。

f:id:liondo:20171006233904j:plain

双子のライオン堂から文芸誌発売についてのお知らせです。

2017年12月31日に、本屋発の文芸誌『しししし』を発刊いたします。

【発刊のことば】

本屋発の文芸誌『しししし』は、読者と作家をつなぐ――街の公園、ちいさな広場、居酒屋、そして本屋のような――存在でありたいと思っています。

誌名には、多様な読み替えが可能なようにひらがなの「し」を並べました。
「獅子獅子」で双子のライオンとも読めますし、ひとが何か企んでるときの笑い声のイメージにも・・・。

特集は「宮沢賢治」。
作家や専門家のコラムをはじめ、
読者と本屋による様々な文章や企画を掲載。

年に1度の宴をお楽しみくださいませ。

【内容】

特集「宮沢賢治
・作家、研究者による特別寄稿
・「銀河鉄道の夜」読書会模様 ほか

○創作
・詩歌・短編小説・批評・小論

○企画

・作家、研究者などによる随筆
・様々な書店の日常を綴った「本屋日録」
・公募エッセー「本屋の思い出」大賞作掲載
・読者によるコラム「本と生活」

挿画:大槻香奈 挿絵:大谷津竜介 デザイン:中村圭佑(ampersands)

編集委員:k.tanaka、松井祐輔(H.A.Bookstore)、竹田信弥(双子のライオン堂)

***

詳細は、随時サイトやSNSなどで報告させていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

双子のライオン堂 – 東京赤坂六本木の本屋/水~土曜:15:00~21:00|日曜:不定期